親子の絆を大切に・・・国際インファントマッサージ協会 

HOME > インファントマッサージ


赤ちゃんからのメッセージを受けとめ心を込めて触れることで愛情は必ず伝わります。
あたたかな手のぬくもり・・・それはこの世に生を受けた赤ちゃんにとって、最高の贈り物。
是非!お近くのインファントマッサージ教室の扉をノックしてみてください。


  img1.jpg

インファントマッサージは、赤ちゃんの心と体に働きかけ、多くの効果を
もたらすものですが第一の目的は「親と子の絆を深める」ことです。
この本質は確かなテクニックとともに、子どもの意思を尊重し
真にその言葉を聴くことのできるような関係に導くものです。
そのためインストラクターは、赤ちゃんにマッサージを行うことのできる
対象を、両親または主たる養育者に限ってお教えしています。
マッサージ自体は決して難しいものではなく、
おだやかで温かなコミュニケーションと、
親子双方のリラクセーションを得るなかで習得することができます。


  vimala[1].jpg

インドで看護師をしていたヴィマラ・マクルアーによって、
1976年に考案・開発された、親(または養育者)が
我が子へ施すマッサージプログラムです。
インドの伝統的な心と手の技をベースにした有機オイルでの
マッサージを通して、親子の絆作りを手助けするものです。
インファントとは、一般的に「乳幼児」のことを意味します。
このマッサージは生まれてすぐから1歳になるまでの
赤ちゃんに対応できるよう工夫されています。




  img3.jpg

インドでは古くから子供が生まれるとその家の母親やお婆さんが
赤ちゃんに、孤児院では年長者が幼い子にマッサージをする
風習がありました。ヴィマラは、このふれあいの方法が、
赤ちゃんを落ち着かせると同時に、愛情を伝え非言語的
コミュニケーションとしての役割を果たすものとして、
非常に重要であると気づきました。また、恵まれない境遇の中でも、
子供たちが無邪気で、落ち着きがあり、思いやりと責任を持って
生き生きと育っていく要因ではないかと考えたのです。
そしてこの理念をアメリカへ持ち帰り、研究・開発を重ね、
インファントマッサージを新しい育児法として提唱しました。
当時から青少年の凶悪犯罪など、さまざまな子供の問題に
悩まされていたアメリカでは、それまでの自分たちの育児法に
問題があったことを認め始めており、マッサージの効果を裏付けする
ティファニーフィールドの研究結果も手伝ってインファントマッサージは
加速的に全米に広まりました。そして、この確かなテクニックは世界中で
認められ、1981年国際インファントマッサージ協会が創設されました。
さらに国によっては産後の鬱解消や乳幼児の虐待防止のための
政府公認プログラムとして活用されるまでに至っております。

 0歳児、特に「新生児からハイハイをするまでの赤ちゃん」とその親子

 全国のインファントマッサージ教室をお探しの方はJAIMホームページ内の
 インファントマッサージ教室情報をご覧下さい。

インファントマッサージ教室情報はこちら

 IAIMではインストラクターの養成は行っておりません。
 インストラクターを目指したい方はJAIMのホームページをご覧下さい。

JAIMホームページはこちら







iaim_.gif

iaim_w.gif

book.gif